Web制作業界の転職

Web制作業界は人の出入りが激しい、とよく言われます。
実際に、採用面接をしていると、転職回数が3~5回の人はざらにいます。

転職回数が多いのは、不利になるのではないか。

という心配をされる方が多いですが、そんなことはありません。

大手企業ですら終身雇用が危うい時代ですので、会社を乗り換えることは、働き方のスタンダードになりつつあるのです。

ただ、単純に転職回数が多い方は、人事にも嫌がられます。
逆に、転職回数分だけ、場数を踏んでバージョンアップしている方は、転職経験が強みになります。

では、どうしたら転職経験を強みにできるのでしょうか?




Web制作業界で転職回数が多くなる原因。

まず、Web制作業界で転職歴の多い人がたくさんいる原因についてです。

Web制作会社は10人以下の小さな会社が多いです。

当然借りているオフィスも狭いので、人と人との距離も近い。
人間関係も大きな会社より、かなり距離が近いのが特徴です。

そうすると、制作の方針や品質に対しての取り組みが合わない、などちょっとしたすれ違いが、大きなストレスとなります。

そりが合わないので、部署異動をしたい、など人事へ相談するようなこともできないので、自分と会社の方針が合わなければ、転職するしか方法はないのです。

しょうがないといえばしょうがないのです。

小さな会社で、人間関係を我慢し続けるのは難しい。

一度入社したら、1年くらいは我慢しなきゃ、という考えの方もいると思います。

筆者も経験があるのですが、小さな会社の人間関係で我慢し続けるのは、相当辛いです。
それは大きな会社の比ではありません。

嫌な上司や同僚と距離を置きたいと思っても、物理的にも距離が近いので、避けて通ることがなかなか難しいのです。

この状況で1年間我慢するのは、精神的にかなりストレスなので、スキルアップどころではなく、ただただ我慢する1年間になるのです。

精神的に鍛えられる、と前向きに考えられれば良いですが、それもかなり無理があります。

それであれば、さっさと転職してしまった方が、自分のためです。



転職回数を強みに変えるために意識したい事。

転職してしまえ!と言っても、生活がかかっていますし、そう簡単に就職先が決まるか不安になりますよね。

もちろん、ちょっと嫌なことがあったからといって、1週間とか1ヶ月程度で転職を繰り返していると、自分の生活もままなりませんし、転職ぐせがついてしまいます。

これでは、自分のためになりませんよね。

一回一回の転職で経験したことを、自分の強みにするためにはどうしたら良いでしょうか。

どうして辞めたのかを詳しく自己分析する。

まずはどうしてその会社を辞めるのか?これをきちんと自己分析しましょう。

いやだから。人間関係が辛いから。

これだけではダメです。他の会社に行っても、同じことが起こることは十分に予測されます。

どうして、人間関係につまづいたのか?
どうして、嫌になってしまったのか?

これをきちんと分析するのです。

たとえば、ディレクターと制作の方針が合わなかった。
そこから犬猿の仲になってしまい、人間関係がおかしくなった。
あの時に、自分もきちんと説明していればよかった、謝ることをすればよかった。

など、きちんと分析します。

そうすると、次の転職先では「どういう方針で制作をしているのか?」「制作体制はどんな感じか?」などチェックすべきポイントが見えてきます。
その時点で、面接で確認したいこともリストアップしておくと良いでしょう。

退社した職場良いところと悪いとこを自分のナレッジとして蓄積する。

もうひとつは、色々な職場をみてきたことを強みにすることです。

複数の制作会社を経験していると、良いところと悪いところが見えてきます。
それは顧客に対する対応であったり、制作の進め方であったり、様々です。

良いところは吸収し、悪いところはこう改善した方がよかった、など自分の中できちんとナレッジを蓄積しておきましょう。

そうすることで、進め方に不満があった場合、前の会社ではこうしたらこうなった、などきちんと説明して、自分の意見を説得できるようになるのです。
机上の理論ではなく、経験してきた人の言葉は響くものです。

そりが合わない会社にいるのは、辛いですが、なぜこの会社はこんなに駄目なんだ、と客観的に分析してみることで、自分の強みにつなげていきましょう。




会社の経営方針をきちんと把握して、次の会社選びに役立てる。

制作会社によって、経営方針は異なります。

転職する方には、会社の経営方針が合わなかった、という方も多いでしょう。

ではどういう経営方針であったなら、自分は会社を辞めなかったのか?
自分の希望する会社像は?

これをきちんと分析しましょう。

よく転職サイトで、「残業なし」とか「アットホーム」という言葉に魅かれて、面接に行く方がいますが、会社の経営方針や行動指針はきちんと確認しましょう。

転職を考えている方は、転職サイトで募集中の会社の経営放心などをチェックする習慣を付けましょう。

➤ Web業界の転職に強い【マイナビクリエイター】はこちら

会社がどこを目指しているかによって、働いている社員の方向性も変わってきますし、モチベーションもかなり変わってきます。
なんの経営方針も持たずに、貰った仕事をこなすだけの会社は、給料が上がらないことも多いです。

目標がない会社は育ちませんし、働いている社員も覇気がありません。

経営方針をきちんと確認することは、自分の将来のためには欠かせない大切なことなのです。

<<ブラック企業に引っかからないために合わせて読みたい>>

転職回数が多いことは、自分の弱みだと思わない。

最後に、精神論的なことですが、転職回数が多いことを自分の弱みだと思わない、ことです。

採用面接をしていると、転職回数が多いことを後ろめたく感じているのか、積極的に自分のアピールや経歴の説明をしない方も多いです。

転職回数が多いことは、自分の職務経歴に泥を塗る、と考える方もいますが、そんなことはありません。

一回一回の転職経験を自分の中で無駄にしない、という意識さえ持てば強みにもなります。

なかなか良い会社が見つからない、どこに行っても長続きしない、と悩んでいる方は、ぜひ転職回数を強みに変えることを意識して転職活動をしてみてください。

Web制作業界で転職するなら、マイナビクリエイターが探しやすいです。

名だたる大手から、業界で話題の制作会社まで、様々な制作会社の求人情報が掲載されています。
自分に合った会社を探すには、求人の多い転職サイトへ登録することをお勧めします。

➤ Web業界に強いマイナビクリエイターへの登録はこちらから

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ