会社の飲み会、と聞くとちょっと身構えてしまう人も多いのではないでしょうか。

お酒の席で上司や先輩からお酒や一発芸の強要をさせられた、とか上司に説教されたとか、ネットを見ていると会社の飲み会での嫌だったことが結構出てきます。

お酒が得意でない人にとってみると、お酒の強要は一番嫌ですよね。
新入社員の中には、会社の飲み会を非常に恐れている人は昔からいました。

たしかに業界や会社によっては、いまだに体育会系の飲み会が開催されているところもあるようです。

では、Web制作業界はどうなのでしょうか?




飲み会頻度は大手企業ほど多くない。

会社によってまちまちですが、10人くらいの規模の会社だと毎週のように飲み会が開催されることは少ないように感じます。
筆者は3社経験していますが、年度末の区切りや忘年会など、数ヶ月に一度飲み会がある程度でした。

少人数の制作会社だと、飲み会が全社的になってしまうので、そうそう開催出来ないという事情もあります。

中には飲み会大好きな社長の会社だと、しょっちゅう飲みに連れ回されるなんていう話も聞きますが、基本的に少人数の制作会社でしょっちゅう飲んでいる会社はあまりないのではないでしょうか。

体育会系の飲み会をする会社は少ない。

システム会社にいた時は体育会系の先輩や上司が多く、プロジェクトで毎週のように飲み会がありました。
今思うと、よく飲む先輩方だったと思うのですが、水曜日や金曜日は必ずと言って良いほど飲みに行く習慣がありましたね。

飲むのも飲ませるのも好きな先輩方が多く、あまりお酒が得意でない人は、飲まされるんじゃないかと恐る恐る参加している姿もありました。

他の業界は分かりませんが、Web制作業界は酒を飲むというよりは、みんなで集まって話をするという印象が強いです。
会社にもよりますが、あまりお酒そのものに興味を持っている人が少ないように感じます。

あまりお酒が得意でない人でも、ノンアルコールで参加でき、お酒を強要するような場面は見たことがありません。

飲み会の後に会社に戻る人も多い。

飲み会というと、一次会から二次会、三次会に流れて行くイメージありますが、Web制作業界だと飲んだ後にそのまま会社に戻って仕事をするような人もいます。

システム会社の時も、飲んでいる最中にシステムトラブルが発生して、会社に戻っていく先輩もちらほらいましたが、Web制作会社では自分の家のように会社に帰っていく人たちもいました。

会社に戻って仕事をする前提なので、あまりお酒を沢山飲まずにさくっと終わりになるような飲み会も多かった記憶にあります。
新しい社員が入ったりすると、一応歓迎会をやるのですが、忙しいところに無理矢理飲み会を入れるので、そういったことになるのでしょう。

ただ、この日と決めないと、なかなか歓迎会を開催出来ないという実情もあります。



会社主催(会社払い)の飲み会が多い。

会社の部の飲み会だと一人3,000円などで会費が決まっていることが多いですが、制作会社の飲み会は会社主催で、会社の経費として落としていることが多いです。

Web制作会社に入ってから、同じ業界の方との飲み会はもちろん割り勘だったりしますが、会社主催の忘年会などでお金を払って記憶はほぼありません。

会社主催なので、普段自分では行かないようなお店に連れて行ってもらえたりすることもあります。

ただ、会社のお金を使って飲むので、多少今後の業務など仕事の話になります。

会社主催の飲み会は社長が参加する。

当たり前ですが、会社主催の飲み会は社長が参加することも多いです。
というか、大体社長のひと声で飲み会が開催されることがほとんどです。

ただ、社長が参加するということで、社長との距離が遠い人は緊張してしまい、ほとんどしゃべらないなんて人もいます。
新人だと同期もおらず、周りは先輩だらけだったりするので、余計に緊張してしまうことも多いようです。

今日は無礼講、なんて言われてもさすがに社長を目の前に、会社の愚痴や文句なんて言えるわけもなく、そういう意味ではあくまでも楽しみではなく、会社の飲み会ですよね。

会社は違うけど同じWeb業界での飲み会の方が多い。

Web業界は会社単位ではなくて、勉強会などで知り合った同じ業界の仲間と飲む傾向にあります。
たとえば、一緒に仕事をした制作会社同士で飲んだり、会社単位の付き合いになることも多いです。

基本的に小さな会社が多いので、接待というよりは一緒に一つのプロジェクトで働いた仲間同士の打ち上げといった感じです。

大企業の飲み会だと、接待に近い感じでお客さんをおもてなしする、みたいな飲み会が多いですが、Web業界は横のつながりで飲んでいるように感じます。

お互いの会社が、どんな仕事しているのか、どんなことができるのか、などビジネスの情報交換みたいな感じで飲むことも多いですね。



まとめ

Web業界の飲み会は、比較的飲めない人でも参加しやすい飲み会だと思います。
お酒が得意でない人も多く、お酒を強要するような雰囲気でもありません。

ノンアルコールで参加する人も多く、会社の雰囲気によっては楽しいのかなと思います。

他の業界だと、いまだに体育会系で一気飲みなどの習慣が残る会社も多いようですが、Web業界ではそんなことをしている人は見たことがありません。

飲み会に関しては、非常に安全な業界だと感じます。

会社には仕事に行っているので、あまり飲み会の心配をしてもしょうがないのですが、気になる方には非常に気になることなので、実情を書いてみました。

↓ 会社の飲み会無理!転職したいという方はクリック ↓

まずは自分に合った制作会社を探そう!Web業界の転職はマイナビクリエイター!!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ