Webデザイナーの作業風景

Webデザイナーという肩書きを持っている方はたくさんいます。
それこそ資格などないので、名乗ってしまえば評価はともあれ、今日からデザイナーなのです。

そこまで言うのはちょっと乱暴ですが、基本的には制作会社にデザイナーとして就職出来れば、それで認められたデザイナーなのです。

正直な話をしてしまうと、デザイナーという肩書を持っている方の中で、どこまでデザイナーとして周囲から望まれる仕事をしている方がいらっしゃるでしょうか?これは疑問です。

よく業界内でも、特定のデザイナーを指して「デザイナーじゃなくてオペレーターじゃないか?」と言われることがあります。

これは、指示のままにデザインデータを起こすだけで、オペレーション作業のように黙々を作業を行うデザイナーを揶揄して言われる言葉です。もちろん、デザインデータとしてデザインを起こす仕事をしているので、デザイナーであることには変わりません。

しかし、デザイナーは現場では言われたままに手を動かすだけ、でなくもう一歩先のことを要求されることが多いのです。

では制作現場で「デキる!」と言われるデザイナーには何が求められているのでしょうか。




アイデア力

まずこれに尽きます。

Web制作においては、Webディレクターが制作の管理進行からデザインの指示を出すことが多いです。
その中で、見出しのあしらいやアイコンなど細かい部分まで指示しないと、作れないデザイナーは多いです。

これが冒頭でお話しした「デザインではなく、オペレーション作業」になります。

たいてい現場でつまづくのは、アイデアの引き出しがないことにより、顧客の修正や要望に対して応えられずに煮詰まってしまうことが原因です。

顧客もデザイナーさんからアイデアを欲しい、自分はデザインのことは良く分からないので、デザイナーさんに良いアイデアをもらいたい、と思い依頼してくるのです。

よくデザインがなかなか完成できないことを、顧客やディレクターのせいにするデザイナーがいますが、アイデア力が足りないから要望に応えられないということも原因のひとつではあります。

アイデア力を磨くには

月並みですが、とにかくデザインをよく見て、どこが良いのか分析することです。
また、面白いあしらいやアイコンなどがあれば、自分でスクリーンショットを取るなど、自分のアイデアとしてストックしていくことです。見て良かった!で終わるのではなく、自分のアイデアネタとしてストックしていくことが大切です。

デザインの現場では、とにかくデザイン的なアイデアを求められます。
オペレーション的な作業でも私はデザイン制作に携われれば満足、ということであれば、それでもやっていけるでしょう。

しかし、給与アップや任される仕事の範囲を広げて、デザイナーとして躍進したい方は、是非アイデアをストックするよう、常日頃心掛けておきましょう。

ヒアリング力

デザイナーの中には、Webサイトが誰をターゲットにしているのか?その年齢層、性別は?などのヒアリングをきちんとしないで、渡された構成(ワイヤーフレーム)に沿ってデザインを進めてしまう人が多いです。

それの何がいけないのか?

制作会社や顧客の特性によっては、それでも十分にやっていけます。

しかし、こだわりのある顧客や、どうしてそういうデザイナなのか?というデザインへの根拠を求める顧客もいます。

よく考えず、ヒアリングをしないで制作したデザインには説得力がありません。
顧客にデザインを何度も何度もやり直させられる、という話を聞いたことのある方も多いと思いますが、これはヒアリング力の欠如から来ている場合もよくあるのです。

結局、サイトの目的と顧客がサイトを使ってどうしたいのか?などを、きちんと理解しないで

ヒアリング力を磨くには

これはデザインを制作するにあたり、基本的にヒアリングすべきことなどを、先輩や参考書などから学び、実践していくしかないかと思います。

ただ、指示のままになんとなく制作する、という気持ちではなく、自分の中でサイトの内容をちゃんとかみ砕いて理解できたのか?デザイン制作に当たり不足していることはないか?というのは常に意識して仕事に取り組むことは大切です。

制作会社に入ると、その会社の進行のままに進めてしまいがちですが、自分が気になる点は常に確認する姿勢をもってデザインに取り組むと良いと思います。



誘導力

誘導力

これは、ヒアリングとも似ているのですが、顧客が要求しているイメージを引き出す能力です。

よく、制作現場では「顧客が具体的なイメージを出さないからデザインが作れない」と言っているデザイナーがいますが、顧客の中にはデザインに対して、漠然とした要望しか持っていない場合も多々あります。

みんながみんな、Webデザインをよく見ているわけでもなく、デザインを意識しているわけではありません。
とにかく格好良く、きれいに、プロのデザイナーさんにお願いしたい、といった漠然として完成イメージしか伝えて来ない場合もあるのです。

そうすると、たいていのデザイナーさんは「参考サイトを」「具体的なイメージを」と顧客に迫るのですが、その参考サイトを探している時間がないので、デザインを依頼している人もいるわけです。

ここで、デザイナーの方から、作ろうとしているターゲットや内容などを考慮して、参考サイトをあげるなどして、徐々に顧客に完成形のイメージへ導くのです。
そうすることで、デザイン案を何案も出すのではなく、事前にイメージの擦り合わせを行い、スムーズにデザインを制作出来ます。

この誘導力に関しては、主に制作現場ではディレクターの仕事になるのですが、うまくデザインを誘導できないディレクターも多いので、デザイナーの方で誘導できると現場ではうれしいですね。

誘導力を磨くには

こちらも場数として言いようがありません。
顧客によって性質は異なりますので、数多くの顧客の話を聞いて進めていくうえで、学ぶものがあるかと思います。

可能であれば、極力デザインの打ち合わせには、ディレクターに同行して学ぶようにすることも、スキルアップのひとつの手です。

****

Web制作は非常に作業が細分化されており、会社によっては顧客と直接話をしたりするのはディレクターのみで、基本的にデザイナーは指示通りにデザイン制作をすることが多いです。

ですので、必然的にオペレーション作業となってしまう部分も否めません。
これはデザイナーが悪いとかではなく、ビジネスとして制作を進めるうえでの、効率などを考慮するとそうせざるを得ない場合もあるのです。

しかし、アイデアがでない、良くしたいけどどうしたら良いか分からない、などディレクターや顧客が煮詰まった場合だけ、デザイナーにデザイナーとしてのアイデアを求められることも多くあります。

ですので、常にアイデアやヒアリングすることなどを意識してデザインする習慣を付けておくと、現場でも頼りにされる「デキる」デザイナーになれるのではないかと思います。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ