未経験でもWebデザイナーとしての経験を積むための勉強方法。勉強だけでなく誰かのためにデザインしてみよう。

Webデザイナー Web業界の転職・就活 制作スキル
Webデザイナー

業務未経験からWebデザイナーになるためにはどうしたら良いでしょうか? 筆者もそうでしたが、新卒でも転職でも未経験の業界に入るには、どの程度のスキルや実績があれば、採用してもらえるのか、考えてしまいますよね。 Webデザイナーにいたっては、業務未経験というのはかなり狭き門で、エンジニアやディレクターより未経験者の採用は難易度が高い職種です。採用面接をしていると、二次新卒やアルバイトで凌いでいる、デザイナー志望の方も結構いらっしゃいます。

お金を請求できないWeb制作に未来はない。お金の話ができない提案や制作はもうやめよう。

Web業界の転職・就活
見積りと請求

よく「制作費の単価を落とすと、Web制作業界全体の単価が下がっていく」ということを心配して嘆いている方がいます。 たしかに、安い制作会社の値段と競争して、他の制作会社も競争を始めると、顧客の単価意識も下がってきます。 いつもと同じように見積書を出したら「御社は高すぎるよ!他の制作会社は2/3くらいだよ!」なんていうことも、将来起こり得ます。実際に筆者もそういう経験をしたことがあるので、価格破壊が始まっていることも事実です。

Web制作の営業職に就職するのに必要なスキル。Web制作の仕事はどうやって受注しているのか。

仕事内容と顧客 職場環境
Web制作の営業

営業経験者の方で、Web制作業界で営業の仕事をしたいという方は、業界に入るためにどうしたら良いのでしょうか。 転職サイトを見ていると、企画営業募集などと書いてあるところがありますが、実際にはどんな業務をするのでしょうか。 Web制作の仕事を取るというのは、物販や不動産などの営業とは大きく違います。 あるものを売るのではなく、これから作るものを売るのです。

Web制作業界の働き方改革について、制作現場の実際のところ書いてみます。

職場環境
残業ノー!

某代理店のブラック労働問題から、様々な業種で「働き方改革」が叫ばれ、各社様々な取り組みをしています。 特に、Web制作業界と関連が深い、広告代理店の各社はかなり本格的に、働き方改革を試みているように感じます。 で、実際にWeb制作業界における働き方改革はどんな感じなのでしょうか。 Web制作業界ではあまり働き方改革とか言っている人を見たことがありません。 やはり働き方改革を意識しているのは大手企業だけなのでしょうか?

Web制作業界でブラックで無駄な残業や休日出勤が生まれるメカニズムを徹底解析してみた。

仕事内容と顧客 職場環境
深夜と仮眠

Web制作業界というと、ブラックな深夜残業や休日出勤を思い浮かべる方も多いと思います。 実は制作業界の残業って、人によっては無駄な残業であったりして、ちょっと工夫をすると、かなり残業を減らせるのです。 よく冗談で、定時に帰ると不安になる、とか22時に帰れて今日はラッキーなんて言っている方がいますが、残業は意識しないと癖になるのです。 知らず知らずのうちに、遅くまで作業することに達成感を覚え、それを頑張りとして評価する人がいて、残業地獄から抜けられなくなっているのです。

ビジネスマナーに甘いWeb制作業界、独学でビジネスマナーを学ぶには?

Web業界の転職・就活 仕事内容と顧客
ビジネスマナー

大手企業に新卒で入社すると、3ヶ月くらいの研修期間があるところが多いです。その研修中に電話の取り方、名刺交換のしかた、メールの打ち方などビジネスにおける基本的なマナーも学ぶことが出来ます。 しかし、Web業界ではそうした基本的な新卒者への研修を設けるゆとりのない会社が多く、社会人の基本的なマナーは自分で学ぶしかありません。新人だけでなく、Web制作業界しか経験したことの先輩社員の中には、電話の出方やメールの打ち方もろくに出来ない人も多いです。

Web制作業界の客先常駐で働くメリットとデメリット。転職・就職する人は採用面接で必ず確認しよう!

仕事内容と顧客 職場環境
客先常駐

制作業界では、客先常駐での仕事について賛否両論あります。あまり良いイメージを抱かない人の方が多いのではないでしょうか。 実際に、働き方改革が叫ばれる中、かなりしんどい思いをして働いている方も多いと聞きます。 制作の客先常駐というと、代理店の方が客先に席をもらって常に企画を提案するような常駐、Sler業界のように客先に常駐して開発や制作を進める、という大きな2パターンになると思います。

【出産・子育て・育休】Web制作業界で働く子育てママさんWebクリエイターの現状について。

Web業界の転職・就活 職場環境

Web制作業界では、女性も多くの方が活躍しています。 制作会社によっては、女性がメインの会社もあるくらい、Web業界での女性の活躍は目覚ましいものがあります。 筆者も実際に制作会社を経営していて、女性の方がガッツがあり、仕事が丁寧なので、重宝しております。 ただ、女性には男性にはできない、妊娠・出産という大きなイベントがあります。 人によっては大きなおなかで頑張ってくれる人もいますが、育休はとって貰わなくてはいけません。

Web業界のセミナーや勉強会で登壇している人はどこがすごいのか。制作実績やスキルは?

制作スキル
Web業界セミナーの登壇者

CSS NiteなどのWeb業界のセミナーや勉強会で登壇している方、ああいった方は普通の会社員であったりすることも多いのですが、一体どういう基準で選ばれているのでしょうか。 そんなことを疑問に思った方もいるのではないでしょうか。 Web業界向けの勉強セミナーは、業界の中でも賛否両論あり、登壇者に対して「制作実績が分からない」「どこがすごいのかよく分からん」「一体だれ?」みたいな辛辣な意見もあったりします。

Webエンジニアの給料。転職サイトの掲載されている上限金額は本当に貰えるのか?

Webエンジニア Web業界の転職・就活
Webエンジニアの給料

転職サイトをみていると、給与:300万~600万などかなりの差を付けて掲載されていることが多いです。 本当に上限の600万貰えるの?と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。 募集要項の給与ってかなり開きがあります。 自分が所属していた会社が募集出しているのをみて、「え!そんなに給与出してたの?!」なんて思った人もいるかもしれません。 では、どんな人が自分が貰ったことのないような高給を貰っているのでしょうか?

Web制作会社のエンジニアってぶっちゃけどんな仕事やっているのか。労働時間や開発体制についてまとめてみた。

Webエンジニア 仕事内容と顧客
Webエンジニアの仕事

IT業界にエンジニアとして就職や転職する際、どういった会社を選ぶかによって、求められるスキルや開発の難易度が大きく変わってきます。 IT業界といっても「はてな」や「サイバーエージェント」のような、自社のWebサービスを運営している会社と、受託制作メインのWeb制作会社では、やっていることは大きく異なります。また、金融系や官公庁向けのシステムを作っているシステム会社もまた変わってきます。 転職サイトでエンジニアで検索していると、色々な企業が出てきますので、迷ってしまいますよね。

【新卒のWebデザイナーへの就職攻略法】新卒はセンスと実績で勝負!新卒募集してなくても取りあえず応募してみよう!

Webデザイナー Web業界の転職・就活
新卒でWebデザイナー

Web制作業界は小さな会社が多いので、即戦力を求めがちで、未経験の新卒を教育する余裕がない会社もかなりあります。 だからと言って、新卒が入って来なければ、古参の社員ばかりになってしまいます。 どこかで採用されている新卒はいるのです。 では、新卒採用された方はどうやって、Web業界の広くはない門を通過してきたのでしょうか? 実際に新卒で応募してきた社員に聞いたところ、勇気を持って「新卒可」ではない制作会社にも応募してみる、 とのことでした。確かに、筆者の会社では小さいながらも2名新卒を採用しました。

【オモコロ騒動にみる】Web制作者は、知名度や制作実績になる!という甘い誘惑にはご注意。

仕事内容と顧客 制作でのトラブル
認識の違い

漫画家のぷちめいさんという方が、オモコロというWebメディアで、料金の支払いに関して行き違いがあったことを告白して話題にとなっていました。 漫画を1ページ10,000円で描いたつもりが、オモコロ編集部では1記事15,000円という認識だったようで、何やら後の祭りなのに、Twitter上で当時のことを語っているようです。 筆者が思うに、メールなどのエビデンスや契約書や発注書の類もない中で、お互いの言い分が違うのは当たり前。

Web制作業界では転職クチコミサイトをどこまで信用しても良いのか?企業をきちんと見極める口コミの確認のしかた。

Web業界の転職・就活 職場環境
転職クチコミサイト

ここ数年で、転職クチコミサイトに投稿も増えており、転職をするのにあたって、転職候補の企業の口コミを確認する方も増えているかと思います。 クチコミの中には、かなり過激な内容もあり、クチコミをみたら絶対にこの会社に入るのはやめよう、という内容もかなり投稿されています。それが真実なのか、当事者の感想なのか分かりませんが、変なクチコミを書かれてしまった企業にとってみると迷惑な部分もあることはたしかです。 成長している転職クチコミサイトですが、その信憑性はいかがなものなのでしょうか? 本当に、企業に訴えられるような、事実無根の悪口が投稿されているのでしょうか?

ページの先頭へ