「制作スキル」の記事一覧

【決定版】専門学校では教えてくれない!損をせず受注率をアップするWeb制作の見積り作成のポイント。

Webディレクター 仕事内容と顧客
見積書の作り方

Web制作系の専門学校では、見積書の作り方や、交渉の仕方を教えてくれません。 制作会社に入社して、フリーランスとして独立して、見積書でつまづいている方も多いのではないでしょうか? 見積書ばかり作っていて、なかなか受注出来ない。 制作のたびに、修正がかさんで工数赤字になっている。 こんな悩みを抱えている方も多いでしょう。

Web制作で必ず揉める、費用と作業内容の認識違い。その原因と回避方法について詳しく説明します。

Webディレクター 仕事内容と顧客
Web制作のトラブルに悩む

寒い季節になると、期末の年末や期末までの制作案件で、Web制作業界は忙しくなってきます。 11月くらいから3月4月くらいまでは、かなり忙しい制作会社も多いのではないでしょうか? (通年忙しい会社もあるとは思いますが) 案件が増えてくると、比例して多くなってくるのが、制作のトラブルです。

テストばかりは嫌だ!未経験のエンジニアが最短でコードを書かせてもらえるようになるためのコツ。

Webエンジニア Web業界の転職・就活 制作スキル
エンジニア勉強会

業界未経験でエンジニアになりたい、という方の中でテストばかりをやらされること、を極度に気にする人がいます。 採用面接をやっていると、業界未経験にも関わらず、「コードをちゃんと書かせてもらえるのか」という一点だけを気にする方も多くいます。 おそらく、下積みのような感じで、テストばかりをやらされて、コードを一行も書かせてもらえないのではないか?と不安に感じているのかと思います。(テストも結構勉強になるんですけどね。。) たしかに分かります。未経験者ならではの心配ですよね。

本当にプライベートで一切勉強をしないエンジニアは後輩に追い抜かれてしまうのか?

Webエンジニア 制作スキル 職場環境
勉強するエンジニア

先日、プライベートでは一切勉強をしたくない、という社員がどうこうという記事が話題になっていました。 こういった内容の記事は賛否両論あります。 案の定、ネットでは賞賛する意見や、反対する意見色々な意見が飛び交いました。 件の記事の執筆者のおっしゃること、経営者としての気持ちは理解出来ます。 初めから「僕はプライベートでは勉強したくない」なんて宣言するような人は筆者も雇いたくありません。

Web業界で働くフリーランス女子のための足元をみられない制作交渉術。

Webデザイナー 仕事内容と顧客 制作スキル
契約を進める女子

Web制作業界では、女性の活躍も目立つことは、このサイトでも書いてきましたが、今回はフリーランス女子の話です。 Web制作業界でフリーランスで働く方の中には、女性も多く、Web制作会社へ勤務して、一度フリーランスを経験されている方は結構いらっしゃいます。 よく引っ越し業者の見積りで、女性の単身だと足元を見られて、値引きに全然応じてくれない。 なんていう話を聞いたこと、経験したことがある女性もいるのではないしょうか。

未経験でもWebデザイナーとしての経験を積むための勉強方法。勉強だけでなく誰かのためにデザインしてみよう。

Webデザイナー Web業界の転職・就活 制作スキル
Webデザイナー

業務未経験からWebデザイナーになるためにはどうしたら良いでしょうか? 筆者もそうでしたが、新卒でも転職でも未経験の業界に入るには、どの程度のスキルや実績があれば、採用してもらえるのか、考えてしまいますよね。 Webデザイナーにいたっては、業務未経験というのはかなり狭き門で、エンジニアやディレクターより未経験者の採用は難易度が高い職種です。採用面接をしていると、二次新卒やアルバイトで凌いでいる、デザイナー志望の方も結構いらっしゃいます。

Web業界のセミナーや勉強会で登壇している人はどこがすごいのか。制作実績やスキルは?

制作スキル
Web業界セミナーの登壇者

CSS NiteなどのWeb業界のセミナーや勉強会で登壇している方、ああいった方は普通の会社員であったりすることも多いのですが、一体どういう基準で選ばれているのでしょうか。 そんなことを疑問に思った方もいるのではないでしょうか。 Web業界向けの勉強セミナーは、業界の中でも賛否両論あり、登壇者に対して「制作実績が分からない」「どこがすごいのかよく分からん」「一体だれ?」みたいな辛辣な意見もあったりします。

Webエンジニアの給料。転職サイトの掲載されている上限金額は本当に貰えるのか?

Webエンジニア Web業界の転職・就活
Webエンジニアの給料

転職サイトをみていると、給与:300万~600万などかなりの差を付けて掲載されていることが多いです。 本当に上限の600万貰えるの?と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。 募集要項の給与ってかなり開きがあります。 自分が所属していた会社が募集出しているのをみて、「え!そんなに給与出してたの?!」なんて思った人もいるかもしれません。 では、どんな人が自分が貰ったことのないような高給を貰っているのでしょうか?

Web制作会社のエンジニアってぶっちゃけどんな仕事やっているのか。労働時間や開発体制についてまとめてみた。

Webエンジニア 仕事内容と顧客
Webエンジニアの仕事

IT業界にエンジニアとして就職や転職する際、どういった会社を選ぶかによって、求められるスキルや開発の難易度が大きく変わってきます。 IT業界といっても「はてな」や「サイバーエージェント」のような、自社のWebサービスを運営している会社と、受託制作メインのWeb制作会社では、やっていることは大きく異なります。また、金融系や官公庁向けのシステムを作っているシステム会社もまた変わってきます。 転職サイトでエンジニアで検索していると、色々な企業が出てきますので、迷ってしまいますよね。

【新卒のWebデザイナーへの就職攻略法】新卒はセンスと実績で勝負!新卒募集してなくても取りあえず応募してみよう!

Webデザイナー Web業界の転職・就活
新卒でWebデザイナー

Web制作業界は小さな会社が多いので、即戦力を求めがちで、未経験の新卒を教育する余裕がない会社もかなりあります。 だからと言って、新卒が入って来なければ、古参の社員ばかりになってしまいます。 どこかで採用されている新卒はいるのです。 では、新卒採用された方はどうやって、Web業界の広くはない門を通過してきたのでしょうか? 実際に新卒で応募してきた社員に聞いたところ、勇気を持って「新卒可」ではない制作会社にも応募してみる、 とのことでした。確かに、筆者の会社では小さいながらも2名新卒を採用しました。

クライアント(顧客)をすぐに怒らせてしまうWebディレクターは何が悪いのか?

Webディレクター 仕事内容と顧客 制作スキル
謝罪するWebディレクター

制作のスケジュール管理や品質チェックもさることながら、ディレクターにはコミュニケーション能力がかなり求められます。 コミュニケーション次第ではクライアントを不快にさせ、トラブルに繋がることもあります。 筆者の経験でも、どうしても悪気はないのに、クライアントを怒らせてしまうディレクターというのはいるものです。 ではそういうディレクターはどうしてクライアントを怒らせてしまうのでしょうか? 今回は、クライアントを怒らせるWebディレクターの特徴を挙げてみたいと思います。

地方より東京のWeb制作会社の方がレベルが高いとは思われるのはなぜか?

制作スキル
スキル

地方のWeb制作会社より東京のWeb制作会社の方がレベルが高い。 これは業界内でも言われていることです。 厳密にいうと同じ人間ですので、本当の意味での能力差は学習によって埋められると思います。 正確にいうと、やったことがないからできない。 東京=ITのイメージは強いにしても、どうしてそういったことが起きるのでしょうか?

実務未経験でもWebデザイナーになりたい!現場のプロとアマチュアは何が違うのか?

Webデザイナー Web業界の転職・就活 制作スキル
Webデザイナーになるには

Webデザイナーになりたいけど、実務未経験者の求人は少ない。 新卒でWeb制作会社に入社するのが難しい、と悩んでいる方は多いと思います。 何せ、Web制作会社は小規模の会社が多いですし、未経験者や新卒の方をデザイナーとして受け入れるゆとりがない。 そういう制作会社がほとんどだからです。 今回は、未経験からWebデザイナーになるために、プロのデザイナーの仕事内容と、制作会社に入り込むためのコツをまとめてみたいと思います。

制作の現場レベルで考える、Webデザイナーに向いている人。

制作スキル
デザイナーに向いている人

Webデザイナーになりたいけど、自分には向いているのかな? 自分でもWebデザイナーになれるのかな? 転職や就職する前に、そんなことを考えて不安になっている人もいると思います。 たしかに世の中に出ているデザインの中には、本当に自分にこんなデザイン作れるようになるのか、と思うようなデザインもありますよね。 元からセンスを持って生まれた人にしか作れないんじゃないか?と。 もちろん、デザイナーには生まれ持ったセンスというものが必要です。

ページの先頭へ