エンジニア勉強会

業界未経験でエンジニアになりたい、という方の中でテストばかりをやらされること、を極度に気にする人がいます。

採用面接をやっていると、業界未経験にも関わらず、「コードをちゃんと書かせてもらえるのか」という一点だけを気にする方も多くいます。

おそらく、下積みのような感じで、テストばかりをやらされて、コードを一行も書かせてもらえないのではないか?と不安に感じているのかと思います。(テストも結構勉強になるんですけどね。。)

たしかに分かります。未経験者ならではの心配ですよね。

ただ、そういう心配をする人に限ってアウトプットがなさすぎです。

未経験でエンジニアを目指すなら、とにかくアウトプットです。

参考書を買ったり、GitHubに登録して満足しているようでは、なかなかエンジニアとしてコードを書かせてもらえません!




コードを書きたい!という人に限ってコードを書いてない。

コードを書きたい」と口癖のように言っている人に限って、実はコードを書いていません。

ネットで他人のコードを読んで理解してコードを書いた気になっていたり、コードを書く機会がなかなかない、などコードを書けないことを環境のせいにしようとしています。

プログラムは書きたいけど、何を作ったら良いか分からない、と言う人も多いでしょう。

何を作ったら良いか分からないので、プログラムを写経して終わってしまうという人はよくいます。

ただ、実務未経験で、いきなりコードを書かせるほど危険なことはありません。

多少テストコードのようなもので勉強したレベルだと、実務ではかなり厳しいです。

脅かすわけではありませんが、最初はできなくて、徹夜や休日出勤をせざるを得なくなる場合もあります。

筆者も最初は出来てなくて、がっつりとブラック労働に自ら沈み込んでいきました。
(もちろん、自分でできないので、自発的にやるしかなかったんですよ)

ですので、自分でWebサービスを作るくらいのレベルで、ひとりで開発をしてみることをお勧めします。

参考書などを買って「勉強しているふり」をするのではなく、なんでも良いからWebサービスを作ってみたりすることです。

エンジニアは不愛想だけど、実は教えるのは大好き。

エンジニアって不愛想な方も結構な割合でいます。

不愛想というか、どこかとっつきにくい、コミュニケーションが取りにくい人が多いです。

良い言い方でいうと職人気質というのでしょうか。
とにかくなんか話しかけにくい。。

でも、実はエンジニアの方って、教えるのが大好きななのです。

他人のコード見てああだこうだ言いたい人が多いことで分かるように、自分が思っている良いコードの書き方や処理というのを、他人にも教えてあげたいのです。

ではそんなエンジニアの先輩方から、実務のプログラミングを教えてもらうには、どうしたら良いでしょうか?

下らない質問を業務中にしたら、怒鳴られそうですよね。




エンジニアはエンジニアが好き。
コードを書きたきゃ、とにかくアウトプットでやる気をアピール!

エンジニアだけでなく、モノづくりをしている人は、同じく作っている人が好きです。

会社で教育をしてくれない!会社が人材を育てる気がない!

と文句を言う人をよく見かけますが、まずは自分から何か作って動いてみましょう。

ひとつ作って、先輩に業務の合間とか昼休みに(怒られない程度に)見てもらいましょう。
(昼休みに寝ている先輩を起こしたり、業務の忙しそうなタイミングはなしですよ)

やる気のある人をかわいく思い、育ててあげようと思うのは、どこの業界でも同じです。

本当に業務でコードを書く機会が欲しければ、まずは自分でアウトプットを作って、アピールすべきなのです。

会社に教育してもらおうと思ったら、自分で教えてもらえる状況を作ることが大切です。

会社は学校じゃねえんだよ!」というのは、そういうことなのです。

先輩エンジニアに気に入ってもらえたら、少しずつコードを書かせてもらえるかもしれません。

この少しずつっていうのが大切なのです。

↓ きちんと教育を受けて成長したい方はクリック
システムエンジニア募集!有給休暇消化率98.5%でプライベートも充実

アウトプットはなんでも良い。

会社は人材を育てようと思っていても、Web制作会社などの小規模な会社では、なかなか教育ができる余裕がありません。

最初は未経験者を育てるんだ」と意気込んで採用したけど、結局社内で誰も面倒見れなくて、雑用ばかりで辞めてしまうなんてこともよくあります。

Web制作業界はとにかく小さな会社が多いので、「会社から教育を受ける」という学校の授業のような、受け身の姿勢でのぞむと、かなり厳しいです。

転職回数が多い人の中には、未経験から業界に入って、どこの会社でも受け入れられなくて、スキルもみにつかずに制作会社を転々とする人もいます。

そうならないようにするには、きちんとアウトプットでアピールして、先輩エンジニアを捕まえて、なんとか気に入られてコードを実務で書くことなんです。

アウトプットは何でも良いと思います。

掲示板とかイン(入力データ)とアウト(表示データ)がはっきりしているものが良いのではないでしょうか?

例えば、掲示板を作ったらSNSアカウントでログインして投稿できる、とかちょっとずつレベルを上げていけばよいのです。

<関連記事>

テストがいや、業務でコードを書きたい!という奴はとにかくコードを書け!

↓ きちんと教育を受けて成長したい方はクリック
システムエンジニア募集!有給休暇消化率98.5%でプライベートも充実

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ