日本のエンジニアの給料は安すぎる!エンジニアの価値を認められないのは、日本だけだ!

なんていう意見や記事が度々ネットで話題になっています。
日本に文句あるなら、海外で働けば?とも思うのですが、Web制作業界の制作者の給料は、他の業種と比べても、安い方で昇給しにくい傾向にあります。

筆者もWeb制作会社を何社か経験していますが、昇給したことも、賞与を納得いくような金額をもらったことも、ほぼありません。

実際に、経営の立場と社員の両方を経験してみると、Web制作業界の技術者、制作者の給料が上がりにくい構造が見えてきました。

では、逆にどういう自分になれば給料を上げてもらいやすいのか?
経営者はどう考えて給料を上げているのか?

そういうことも少し分かってきた気がします。
そんな経験をもとに、どうしてWeb制作業界の給料が上がりにくいのか?上げるにはどうしたら良いか?について考察してみました。

ちと辛口な部分もありますが、給料に不満があって転職を検討している人は参考にしてみてください。




いくらスキルがあっても、会社の売上が上がっていなければ給料は増やせない。

Web制作会社の規模は9割以上が、10名以下の零細企業なのではないかと思います。

そういう会社が10名くらいで1億円程度の売り上げを上げていたとして、一人当たり1,000万程度の売り上げ。
給料の差があるのを考慮しつつ、社会保険料や10名くらい入るオフィスの家賃などを考慮すると、一人当たりの年収のアッパーは大体予想付きます。

転職サイトなどに、年収条件が「300万~600万」などと書いてあっても、売上規模を見れば、よほどのことがないと600万は出せないのではないかと想像が付くわけです。

エンジニアやデザイナーはスキルに対して評価して欲しい、と思っています。
技術職というのは、そういうものなので、これはしょうがないです。

ただ、いくらスキルアップしても、案件がないとスキルは発揮できません。
案件があっても、売上がきちんと上がらないと、スキルのある人にそれなりの給料も支払えません。
(ない袖は振れぬ)

今のWeb制作会社のほとんどが、こういう状態なのではないかと思います。

ですので、いくら騒いでもSNSに書き込んでも、エンジニアやデザイナーなどの制作者の給料は、アッパーが見えているのです。

ここに不満を持つ人は、独立します。

夢のないようなことを書いて申し訳ないのですが、Web制作の料金相場などを考慮すると、これはもう、どうしようもない事実なのです。

でも、みんながみんな独立できるわけでないですよね?
(このサイトでは、すぐに独立しろとか無責任な煽りはしませんよ!)

では、どうしたらWeb業界でも給料を上げることができるのでしょうか?

経営者が分かりやすく評価できるのは、売上貢献度。

それはずばり、売上です。

小さな制作会社にいた方であれば、経験のある方も多いと思いますが、社長が身近にいると、常に売上のことを気にしているのがよく分かります。社長の口から出てくるのは「売上売上」。

会社経営にとって、それほど売上は大切なのです。

ですので、仕事を受注してきてくれる、売上を増やしてくれる、人は必ず評価してもらえます。
それだけ、成果を上げていれば、給料交渉もしやすいのです。

ただ、一制作者は営業する時間もコネも持っていないことが多いですよね。

では、どうやって一制作者が、仕事を取れる制作者になれるのか?

肩書きの殻を破ってクライアントとの接点を持つことが一番大切。

「俺はディレクターじゃないから、客先にはでない」とか「電話対応とか窓口対応はしない」ではなく、積極的にクライアントと接点を持つことです。

たとえ、その会社で評価されなくても、きちんと仕事をしていれば、個人を売ることは出来ます。
結局それが、転職した後にも声がかかる、「仕事を取れること」にも繋がるのです。

とにかく、いろんなことに首を突っ込んでみるのです。

現に筆者は、マークアップエンジニア見習いとしてWeb制作業界に入り、最終的には仕事を取れるようになりました。

Web制作の仕事では、自分の肩書の範囲の仕事しか、頑なにやらない人が多いです。
たしかに自分のタスクを必要以上に増やすのは嫌ですよね。

でも、「○○だからこれはやらない」ではなく、たとえばライティングでも、下手なりにやってみる、とかそういうところで、自分の肩書以上の能力を見いだせる可能性を見出すことが大切です。

そうやって、出来る仕事の範囲を増やすことも、自分で新しい仕事を取ることに繋がります。

給料を上げたい!と思うなら、変なプライドや意地は捨てないといけません。

自分の代わりに、仕事を動かしてくれる人に経営者は価値を見出すもの。

もうひとつはマネジメント能力。

社長は社員に「自分の代わり」を求めます。
自分がやらなくても、会社が回ることを理想だと考えます。

ですので、社員をまとめて、会社を回してくれるマネジメント能力のある社員は評価されます。
これは、どこの会社でも同じなので、分かりますよね。

会社が求めるのは、技術あってのマネジメント力。

よく、何歳になっても「俺はマネジメントは出来ないし、したくない、一生現役でコードを打っている」と豪語する人がいます。はっきり言って、こういうこと言ってる人って結構気難しくて、扱いにくい(苦笑)。

35歳から40歳以上の方に会社が求めるのは、ずばりマネジメント能力です。

もちろん、プラス技術力があって、部下や後輩をまとめつつ、自分もコード打ってたら最高です。
デザイナーでも同じです。



技術者や制作者をまとめられるのは、元技術者、制作者でしかない。

制作会社の社長にも、制作経験がまったくない人が結構います。

こういう人には、技術的な難易度や、かかる時間を説明しても通じませんし、制作者も「分からない人には従いたくない」と言う人も多いので、あまりうまく仕事が回りません。

そこで、制作現場で手を動かした経験のある、話が通じるマネージャー(管理者)です。

デザインにしてもプログラムにしても、話が通じる、技術的な相談にも乗れる、という人は後輩にも部下にも支持されやすいです。特に技術者は「分かる人」「同じ技術畑で自分より上の人」にしか、従いません。

現場が分かってまとめられる人は、辞められると社長も困ります。
すると、多少給料が高くても、自分の代わりにまとめて欲しいと思うものです。

経営者というのは、自分の時間に対してお金を払うことには惜しみません。
むしろ、自分の代わりをしてくれるなら、お金を払ってでもやって欲しいと思うものです。

ですので、求められる年齢になったら、マネジメントなど、会社が求める人材になろうとする努力も必要なのではないかと思います。

筆者自身も、デザイナーになりたくて、Web制作業界に入り、マークアップをやらされ、ディレクターをやらされ、ライティングやらなにやら、要求されるままに期待に応えようとやってきて、自分で仕事を取れるようになりました。

求められる人材に自分がなろうと、努力するのも給料を上げることへの道のりです。

給料を上げるために転職するなら、会社の売上規模や取引先を重要視する。

Web制作業界の人たちは、給料のことをごちゃごちゃ言う割に、クリエイティブ思考でお金との距離を取りたがる人も多いです。しかし、給料を上げたいという明確な目的を持つのであれば、印象で会社を選んではいけません。

  • 意見の言いやすい、風通しの良い会社です。
  • アットホームな会社です。
  • 分からないことがあったら、先輩に気軽に相談できる環境です。

みたいな。

転職サイトを見ると、こういったフレーズで、採用情報を掲載している会社も多く、現に雰囲気で会社を選ぶ人が多いようです。

筆者も採用面接をしてきましたが、志望理由が「好きなことが出来そう」「やりたいことをやらせてくれそう」など、雰囲気で選んでいる方が多いのです。(実際には、そういうことを言う人に限って、何もアイデアはなかったりするんですけど、、)

それはそれで、別に問題ではありませんが、雰囲気と給料は別問題です。
給料に不満があって、給料を増やしたいなら、給料を増やすための会社選びが必要です。

もし、人間関係に疲れて、居やすさを求めるのであれば、給料のことは考えない方が、精神衛生上良いのではないかと思います。

給料を増やしたいなら、売上規模の大きい会社、売上を開示していないような企業は検討に入れない、この2つをまずは徹底して探すのが良いでしょう。ただし、それなりに売上を上げている会社は、単価が高い仕事か仕事量がそれだけ多いです。

求められることは、アットホームな小さなWeb制作会社とは異なりますので、そこは注意しましょう。

それでも会社員は最強!

それは誰でも、「働きやすくて、給料も満足できる会社」がベストです。
しかし、そこに行くには、それなりの自分にならないといけません。

最近は、会社員を小馬鹿にしたような事を言い、会社を辞めることを煽るような方もいます。

しかし、現代社会では会社員の信頼度は、どんな規模の会社であっても変わらず最強なのです。
売上に関係なく、固定給が保障される、社会保険や厚生年金を会社が処理してくれる、というのはとにかくありがたいものです。

しかも、いくら稼いでいても、フリーランスではローンが組めなかったり、クレジットカードを作れない、ということが発生するようです。これは、社会的な信頼のなさの現れです。

独立した時に感じる不自由がないのは、会社員の特権です。

もちろん、独立や起業を止めはしません。




「仕事が取れる人」になれるんだったら、独立した方が早いじゃん!という意見もあると思います。
筆者もそう思う面もあります。

しかし、誰でもすぐに起業出来る勇気もお金もありません。
仕事が取れる=法人限定の場合もあります。

法人に所属している、○○さんだから仕事を振っていた、という話だってあります。

一つの会社に縛られる必要はありませんが、やはり転職するというのは、安全パイなのではないかと筆者は思います。

➤ Web業界に強いマイナビクリエイターへの登録はこちらから

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ