好きな仕事だよね?

Web制作会社の社長で、「好きなことを仕事にしているからあなたは本当は幸せなのですよ。」ということを社員に対して言う方がいます。

Web制作など、個人個人のスキルでオリジナルなモノを作る仕事は、「みんな好きでやっている」「この仕事に就けただけで幸せ」というイメージを持っている人が多いようです。

もちろん、嫌いではないし、好きかどうかで言われたら好きなのかもしれません。

憧れのWeb制作業界に入れて幸せと感じる人もいるでしょう。

でもそれって、他人から言われることでしょうか。

仕事に慣れ始めると、最初に入った嬉しさよりは忙しさや、思ったより地味な作業の連続で、イメージと現実のギャップが生まれます。

それでも、ずっと好きな事で片付けられるのでのでしょうか。




好きなことより興味があるから就職する人の方が多い。

ちょっと誤解を解きましょう。

最初は誰でも仕事は未経験から始まります。そうすると、仕事として好きかどうかは、最初は分かりませんよね。

ブログなどで好きなことを書いているうちに、それが仕事になっちゃった、という人はそれが好きなことが仕事になったのだと思います。

しかし、たいていの人は未経験なわけで、体験したことのない仕事に好きも何もないのです。

揚げ足取りのようで申し訳ないのですが、そう思うのです。

正確に言い換えるなら「興味のある仕事」に就けたということなのです。

好きかどうかは、実際に働いて、制作の酸いも甘いも感じたうえで、この仕事を好きだな!と思えるのであれば好きなのだと思います。

でもそんなこと、個人が感じることあって、他人から言われることではありません。

クリエイティブ職でも生活のために働いているのではダメ?

よく制作業界では、「プライベートの時間も使って勉強するようでないと、スキルも給料も上がらない」と言われます。

給料はどうか分かりませんが、確かに個人でも開発したりサイト運営している人の方が、格段にスキルアップしていきます。

特にプライベートでサイトを作ったりすると、普段会社では分業している作業をすべて一人でやるわけですから、これは最高のスキルアップになれます。

場合によってはオールマイティーになって、独立しちゃう人もいます。

でも、みんながみんなそうではないです。

実際にデザイナーでもエンジニアでも、プライベートで勉強する人なんて、ほとんどいないのではないでしょうか?

ブログでアウトプットしているような方も沢山いますけど、あれはほんの一部の人だと思います。

大半の方はオンオフきっちり分けているか、勤務中にブログ書いたりしているだけです。

もちろん、ちょっと書店で休日にデザイン書をみる、専門書の棚の前でパラパラとめくる、くらいのことはするかもしれませんよ。

でも、ガッツリ手を動かしていたりする人ってあまりいないと思います。

デザイナーって、生活自体がデザイン漬けのようにイメージしている人も多いと思います。

休日であっても、常にデザインに触れ、感性を磨く。

でも、実際にWeb制作会社で働いているデザイナーにそんな人、あまりいませんから!

みんな制作する時は、もちろん必死で参考サイト見たり色々やりますけど、プライベートは趣味がゲームとか、がっつり他のことやってます。良い言い方すると、ちゃんと休んで充電してます。

仕事とプライベートはがっつり分けている人がほとんどなのです。

肩書きWebデザイナーでも、みんな生活のために働いているのです。

「でも、それを言っちゃあクリエイティブじゃないよね!」みたいな雰囲気あります。

仕事としてやる時はきっちりやるけど、仕事以上ではない。

それでも良いじゃないですか!そういう人もいて良いじゃないですか!

クリエイティブ職は肩書にイメージが付きすぎて、イメージで色々な要求をされがちです。

いやでも、これ、仕事だから!で良いじゃないですか。

必要なことは、必要な時に迷惑かからないように勉強なりで吸収する。

他人から言われてやることではないことは確かです。

 

もちろんスキルアップして、独立したいとかそういう人は、違いますよ。
筆者もそうですが、プライベートとかそういうこと言ってる場合じゃないと思いますので。

一応これは言っておきますね。



好きな仕事に就けているのだから文句を言うな、という会社からは転職を。

どうして、こんな話をするかというと、こういう精神論的なことを解く会社がブラックな傾向にあるということを言いたかったのです。

好きな仕事に就けているだけマシなんだよ。

この業界に入りたくても入れない人もいっぱいいるんだぞ。

なんてことをいう社長が言う会社です。

そういう制作会社は、精神論で社員のケツを叩いて、給料もなかなか上げない傾向にあります。

たしかに会社に企業理念や行動指針などのビジョンは必要です。

でも、よく分からない社員に向けた精神論は、仕事に対して何のプラスにもなりません。

給料が頭打ちになっている場合、転職も考えた方が良いでしょう。

どんな業界でも、「興味がある」「好きな趣味」を仕事にした時点で、好きではなくなることも多いです。

仕事は仕事として、責任持って顧客を満足させる、それ以上のことはありません。

 

↓ 今の会社では給料が頭打ち。。と思ったらクリック!

➤ Web制作業界を目指す人の転職サイト【マイナビクリエイター】

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 求人・採用へ にほんブログ村 転職キャリアブログへ