ドラマ『わたし、定時で帰ります。』で考える、見積り作成時の値引きの条件とブラックな労働環境が生まれる本当の理由。

仕事内容と顧客 職場環境

話題のドラマ「わたし、定時で帰ります。」が、昨日2019/06/26の最終回をもって放映が終了しました。 いやあ、自分の働いているWeb制作業界の話ということもあり、共感できる部分があって非常に面白かった! このドラマはタイトル通り、制作業界の労働環境を巡って、働くことの意義などについて、問いかけるような内容でした。 実際にWeb制作会社の「LIG」さんが監修しているらしく、内容がリアルで、Web制作業界の方にはあるあるという部分が多かったです。

拝啓、お客様。Webサイト制作の見積り作成にもコストはかかります。

仕事内容と顧客

見積り無料、相談無料、基本的には「相談や見積りは無料」というのは世の中の常識です。 Web制作においても、これは変わらず、何通も何通も見積書を作成し、足を運んでヒアリングして、提案や相談に乗り、そしてやっと仕事を受注できるのです。 仕事を取るってそんなものですよね。

どうして、Web業界のデザイナーやエンジニアは給料が安く上がらないのか?給料を上げるためにやるべきこと。

Web業界の転職・就活

日本のエンジニアの給料は安すぎる!エンジニアの価値を認められないのは、日本だけだ! なんていう意見や記事が度々ネットで話題になっています。 日本に文句あるなら、海外で働けば?とも思うのですが、Web制作業界の制作者の給料は、他の業種と比べても、安い方で昇給しにくい傾向にあります。 筆者もWeb制作会社を何社か経験していますが、昇給したことも、賞与を納得いくような金額をもらったことも、ほぼありません。

どうして、クラウドソーシングサービスで依頼した制作は、品質が悪いのか?

制作でのトラブル
品質が悪いとクレーム

小さな制作会社を運営している社長さんと話をしていると、 クラウドソーシングで制作を依頼したら、とんでもないデザインが出て来た! フリーランスに依頼するとレベルが低くて嫌になっちゃう! そんな愚痴を聞くことがあります。 とにかく、安いけど品質が悪かった、ということを口にする人が多いのです。

【決定版】専門学校では教えてくれない!損をせず受注率をアップするWeb制作の見積り作成のポイント。

Webディレクター 仕事内容と顧客
見積書の作り方

Web制作系の専門学校では、見積書の作り方や、交渉の仕方を教えてくれません。 制作会社に入社して、フリーランスとして独立して、見積書でつまづいている方も多いのではないでしょうか? 見積書ばかり作っていて、なかなか受注出来ない。 制作のたびに、修正がかさんで工数赤字になっている。 こんな悩みを抱えている方も多いでしょう。

Web制作業界で転職回数が多いのはしょうがない!転職経験を強みにする方法。

Web業界の転職・就活
Web制作業界の転職

Web制作業界は人の出入りが激しい、とよく言われます。 実際に、採用面接をしていると、転職回数が3~5回の人はざらにいます。 転職回数が多いのは、不利になるのではないか。 という心配をされる方が多いですが、そんなことはありません。

Web制作で必ず揉める、費用と作業内容の認識違い。その原因と回避方法について詳しく説明します。

Webディレクター 仕事内容と顧客
Web制作のトラブルに悩む

寒い季節になると、期末の年末や期末までの制作案件で、Web制作業界は忙しくなってきます。 11月くらいから3月4月くらいまでは、かなり忙しい制作会社も多いのではないでしょうか? (通年忙しい会社もあるとは思いますが) 案件が増えてくると、比例して多くなってくるのが、制作のトラブルです。

テストばかりは嫌だ!未経験のエンジニアが最短でコードを書かせてもらえるようになるためのコツ。

Webエンジニア Web業界の転職・就活 制作スキル
エンジニア勉強会

業界未経験でエンジニアになりたい、という方の中でテストばかりをやらされること、を極度に気にする人がいます。 採用面接をやっていると、業界未経験にも関わらず、「コードをちゃんと書かせてもらえるのか」という一点だけを気にする方も多くいます。 おそらく、下積みのような感じで、テストばかりをやらされて、コードを一行も書かせてもらえないのではないか?と不安に感じているのかと思います。(テストも結構勉強になるんですけどね。。) たしかに分かります。未経験者ならではの心配ですよね。

本当にプライベートで一切勉強をしないエンジニアは後輩に追い抜かれてしまうのか?

Webエンジニア 制作スキル 職場環境
勉強するエンジニア

先日、プライベートでは一切勉強をしたくない、という社員がどうこうという記事が話題になっていました。 こういった内容の記事は賛否両論あります。 案の定、ネットでは賞賛する意見や、反対する意見色々な意見が飛び交いました。 件の記事の執筆者のおっしゃること、経営者としての気持ちは理解出来ます。 初めから「僕はプライベートでは勉強したくない」なんて宣言するような人は筆者も雇いたくありません。

「あなたは好きなことを仕事にしているから幸せなんだよ」という迷惑な言葉。

Web業界の転職・就活 職場環境
好きな仕事だよね?

Web制作会社の社長で、「好きなことを仕事にしているからあなたは本当は幸せなのですよ。」ということを社員に対して言っている方がいます。 Web制作など、個人個人のスキルでオリジナルなモノを作る仕事は、「みんな好きでやっている」「この仕事に就けただけで幸せ」というイメージを持っている人が多いようです。 もちろん、嫌いではないし、好きかどうかで言われたら好きなのかもしれません。

Web系フリーランスに朗報。月額480円のFreelance Basicsで弁護士を味方に付けよう!

仕事内容と顧客
自信のあるフリーランス

フリーランスとして独立した方は、今まで会社がやってくれていたことを、すべて自分でやらなければなりません。 ただ単に案件を貰って、好きな制作の仕事をするだけでなく、お金周りのことや顧客との契約など、今までやったことのない煩雑な作業が発生します。 実際にフリーランスとして独立した方には、今までやったことのないお金関係や契約周りでのトラブルに頭を悩ませる人が多いようです。独立して誰でも必ずつまずく壁ですよね。

Web業界で働くフリーランス女子のための足元をみられない制作交渉術。

Webデザイナー 仕事内容と顧客 制作スキル
契約を進める女子

Web制作業界では、女性の活躍も目立つことは、このサイトでも書いてきましたが、今回はフリーランス女子の話です。 Web制作業界でフリーランスで働く方の中には、女性も多く、Web制作会社へ勤務して、一度フリーランスを経験されている方は結構いらっしゃいます。 よく引っ越し業者の見積りで、女性の単身だと足元を見られて、値引きに全然応じてくれない。 なんていう話を聞いたこと、経験したことがある女性もいるのではないしょうか。

転職回数を増やさないために入社後のアンマッチを防ぐ。ポートフォリオと採用面接。

Web業界の転職・就活
履歴書

現在、転職活動をしている人の中には、転職回数が多くなってしまい、なかなか転職活動がうまくいかずに悩んでいる方も多いと思います。 みなさん転職回数を増やしたくて増やしているわけではないし、出来れば一度入社した会社には長く勤めたいと思ってますよね?試しに会社に入ってみようなんて人はかなり少ないでしょう。 Web制作業界では、人の出入りが激しいと言われます。 すぐに辞めてしまう人がいる分、新しく入りたいと言う人も同じだけいるということ。

Web制作業界のパワハラ、セクハラはどのくらいあるの?制作現場における現状。

Web業界の転職・就活 仕事内容と顧客
パワハラ

最近、セクハラやパワハラなどの話題がニュースにあがることが増えてきました。 特に体育会多いですよね。 最近では、セクハラやパワハラの話題がニュースになったり、ある日いきなり告発されたりするので、みなさんかなり発言や行動には慎重になっていると思いますが、Web制作業界は実際のところどうなのでしょうか? ブラック体質な制作環境は時々ネットの話題になりますが、セクハラなどの話はあまり聞きませんよね。

ページの先頭へ